ゲーム障害|ゲームをやめることができない|櫻和メンタルクリニック

東京都豊島区巣鴨1-19-12 八木下ビル3F

03-5319-1908

ゲーム障害Gaming Disorder

ゲーム障害とは

ゲーム障害とは

ゲームをやめることができず、他の関心事や日常生活より、ゲームを優先している状態です。日常生活で問題が起こっていてもさらにゲームを続けたり、よりたくさんゲームを行ったりすることがあります。

単にゲーム障害だけでなく、他の精神疾患(うつ病など)や発達障害の併存について評価し、それらの診断と治療を行うことが有効な場合があります。

当院では、ご本人・ご家族から丁寧にお話を伺い、ゲームへの依存症状を総合的に評価し、各人に合った治療法を実践します。


  • 認知行動療法
  • グループミーティング(短期間集中型、ソーシャルスキルトレーニングでのプログラムとしてなど、様々な形式があります)
  • 親相談
  • 薬物療法(不眠など、付随する症状に対して補助的に行うことがあります)

など

ゲーム障害の具体的な症状(例)

子どもの場合…

  • ゲームをしていて、昼夜逆転する
  • 学校に行かなくなる、部屋にひきこもる
  • ゲームができないと怒りだす

など

大人の場合…

  • 仕事に行かずにゲームを続ける
  • 夜中までゲームをしていて、朝起きられない
  • ゲームで上手くいかないと、物を壊す

など

クリニック概要

豊島区 巣鴨の心療内科 精神科
医療法人社団櫻和会櫻和メンタルクリニック 院長 山野 かおる 03-5319-1908

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-19-12 八木下ビル3F
(グーグルマップで見る)

当院には駐車場・駐輪場のご用意がございません。
お車でお越しの方は近隣の駐車場をご利用ください。

  • 休診日に送信された予約メールのお返事は翌診療日以降となります。
  • メールでのご相談は行っておりません。ご予約・ご来院をお待ちしております。
  • お問い合わせメールは、初診予約専用となっております。
  • 再診予約、その他のお問合せについてはメールではお返事いたしかねますので、お気をつけください。

診療時間
10:00~13:00
9:30~12:30
15:00~18:00
14:00~17:00

休診日:日曜・祝日