豊島区 精神科|櫻和メンタルクリニック|トラウマセラピー|ソマティック・エクスペリエンシング

東京都豊島区巣鴨1-19-12 八木下ビル3F

03-5319-1908

トラウマセラピー(ソマティック・エクスペリエンシング)trauma

トラウマセラピー

トラウマセラピーとして用いられるソマティック・エクスペリエンシングは、狭義のトラウマだけでなく、パニック障害や抑うつ状態など多くの精神疾患に適応があるとされています。 トラウマセラピー希望の方は、お電話で「トラウマセラピー希望」とご予約ください。

はじめに

自分の心の奥にある、過去の経験やトラウマ(心の傷)によって、
自分や人を愛することができない、様々な病気や症状、生きづらさ、などに苦しんでいる方に、自分自身と向き合い、癒すための、安全な場所を提供します。

2013年から約5年間、欅セラピールーム(於:荻窪)にて多くの方々にご利用頂きました心理セラピー(精神療法)を、櫻和メンタルクリニックにて提供致します。

私が提供するセラピーは、家族や人間関係の中で起こったトラウマや、事故や手術など、きっかけとなったトラウマティックストレスに焦点をあてることによって、病気や症状からの回復だけでなく、癒しと成長、本来の自分を取り戻し、未来に向かって新しい希望を得て、前進していくことをサポートすることを主な目的としています。

保険診療の医療機関に併設した、医師によるトラウマの癒しは日本で初めてのものです。何回か受けると、効果を実感しやすいですが、一回だけも効果がありますので、皆様のご利用をお待ちしています。

メッセージ

メッセージ

今まで誰にも言えなかったことを勇気を持って話したとき、誰かに分かってもらえるという体験は、何より嬉しいものです。また、トラウマを癒す方法があることを知ることで、もう変わることがない、治ることがないと思っていたところに、希望が与えられます。

トラウマに目を向けるということは、声高に自分の傷つきを認めさせて、誰かのせいにするということではありません。また、頑なに自分の殻に閉じこもって、相手を傷つけることでもありません。

無意識のうちにトラウマが次のトラウマを引き起こし、暴力がさらに次の暴力を生むという連鎖を断ち切り、柔軟に自分の弱さに直面し、自分を癒し、よりよい人間になり、よりよい人間関係を築くことができるように、一歩一歩進んでいく、勇気ある行為です。

癒しの道のりは決して楽なものではないかもしれません。しかし、病いや問題をきっかけに気づきを得て、最初に自分を癒すことを選ぶなら、そのプロセスは、自由と解放を得て、本来の自分を知り、自己への深い信頼と、あらゆるものとのつながりを取り戻す時となるでしょう。

自分の可能性を信じて、ゆっくり、自分に優しく、進んでいきましょう。

適応となる症状や疾患

  • うつ病、抑うつ状態
  • 不安、不安障害
  • 対人緊張、対人恐怖、社会不安障害
  • パニック発作、パニック障害
  • 自律神経失調症
  • 心身症
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • 解離性障害
  • 発達障害
  • 愛着障害
  • 睡眠の問題
  • 感情の不安定、感情がコントロールできない
  • 落ち着きのなさ
  • 怒りの問題
  • 自分を好きになれない、自分を大切にできない
  • 子供を大切にできない、子育てが上手くいかない
  • 親や近しい人との死別、離別
  • 両親の不仲や離婚による影響
  • 仕事に行けない
  • 会社や学校でのいじめ
  • パワーハラスメント
  • 家族や近しい人間関係の傷つき
  • 虐待によるトラウマ(言語的・身体的・経済的)
  • 死にたい・自傷行為・希死念慮

セラピーの土台となる手法

①カウンセリング

メッセージ
主にお話を伺います。自分の気持ちを表現し、尊重され、受け入れられることで、気持ちが楽になります。リフレーミングによって、新しい気づきを得て、一歩前に進むことができるようになります。

②現代臨床催眠

②現代臨床催眠
セラピストの言葉かけにより、楽で、自然な、深いリラックス状態を得ることができます。「〇〇しなければならない、しかし〇〇できない、できない自分は駄目だ」などといった自分を苦しませる思考から自由になり、深いリラックスと自分との一体感を体験しながら、意識によらない無理のない解決が得られます。催眠状態(変性意識状態)から得られる深いリラクゼーションは、全てのよいセラピーに必須のものです。

③ソマティック・エクスペリエンシング(Somatic Experiencing®️)

②現代臨床催眠
2009年に初めて日本に入ってきたトラウマセラピーで、この手法を創始したPeter Levineは、“トラウマは、その出来事によらず、神経系(主に自律神経)の中に閉じ込められたエネルギーである”と言いました。トラウマのエネルギーのために、自律神経(交感神経と副交感神経)の調節障害が起こり、心の問題だけでなく、身体の凍りつき反応を起こし、抑うつ状態、イライラ、感情コントロールができない、パニック、動悸、頭痛、腹痛、下痢など、様々な症状を引き起こすと考えられています。このセラピーでは、「胸がドキドキする」「呼吸が浅い」「力が入りにくい」などといった“身体の感覚”に焦点をあて、神経系に閉じ込められたトラウマのエネルギーを解放することができるようにサポートします。トラウマのエネルギーの解放によって、症状から解放され、健康な神経系の自己調節を取り戻し、人とのつながりを回復することができます。また、このセラピーは、“解離”というトラウマによく見られる症状に対して、身体とのつながりを取り戻すのに、大変役に立ちます。乳児期や幼少期のトラウマには、タッチセラピーが有効で、トラウマを語ることができない、アタッチメント(愛着)の問題、過敏性腸症候群や偏頭痛、線維筋痛症などの症候群と呼ばれる疾患や症状にも、安全で有効なセラピーです。
費用は自費診療となりなります。
1セッション 20,000円(税別)

クリニック概要

豊島区 巣鴨の心療内科 精神科 櫻和メンタルクリニック 院長 山野 かおる 03-5319-1908

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-19-12 八木下ビル3F
(グーグルマップで見る)

当院には駐車場・駐輪場のご用意がございません。
お車でお越しの方は近隣の駐車場をご利用ください。

  • 休診日に送信された予約メールのお返事は翌診療日以降となります。
  • メールでのご相談は行っておりません。ご予約・ご来院をお待ちしております。
  • お問い合わせメールは、初診予約専用となっております。
  • 再診予約、その他のお問合せについてはメールではお返事いたしかねますので、お気をつけください。

診療時間
10:00~13:00
9:30~12:30
15:00~18:00
14:00~17:00

休診日:日曜・祝日

ドクターファイル