診療のご案内

治験について

復職・就職支援(リワーク)

発達障害支援

櫻和メンタルクリニックより企業の方へ

採用情報

櫻和メンタルクリニックの診療時間表

櫻和メンタルクリニックモバイル

Doctors File

患者の気持ち櫻和メンタルクリニック

こどもの発達障害

こどもの発達障害とは

発達障害のあるお子様の健やかな成長には適切な診断と評価、および周囲の支援が不可欠です。

当院ではお子様への支援とともに、ご家族、教育機関などに対して必要な働きかけを行い、お子様の社会適応に向けたお手伝いをしてまいります。

こどもの発達障害とは

発達障害とは、運動、感覚、認知、社会性、情緒などのこどもが発達する過程で身につける能力が、何らかの理由により障害されることで、社会適応上問題をきたしている状態です。

自閉症スペクトラム障害や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などが代表的です。

当院では、お子さんへの個別指導とともに周囲の方への指導を行い、環境調整を図ることにより、お子さんの成長発達を支援してまいります。

また、お子様の気になる行動、たとえばチックやおねしょについてもご相談に応じます。

自閉症スペクトラム障害

対人関係や社会的なコミュニケーション、こだわりや感覚の過敏さ(あるいは鈍感さ)などの障害が、幼少期から存在する状態です。
早期の診断や療育が有効です。薬物療法が必要となることもあります。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)には次のような症状がみられます。
  •  不注意(物事に集中することができず、忘れ物が多い)
  •  多動性(落ち着きがなく、じっとしていることができない)
  •  衝動性(思いついた行動を唐突に行う、順番を待てない)
  • 治療については本人の努力はもちろん、周囲の人の正しい理解とサポート、そして専門家による適切な治療が重要です。

学習障害

場面緘黙

漢字がうまく書けない、すらすら読むことが難しい、計算がとても苦手、など、ある特定の学習を不得手とするお子さんに対しては、その子に合った指導が必要です。

 

ご家族の皆様もサポート致します

こどもが成長する様々な段階で、いろいろ思い悩むのが子育てです。

そのようなご家族の皆様のお悩みの相談にも対応し、
お子様の成長と共にご家族も成長できるよう、「こころのサポート」を行なって参ります。


ページトップへ